Mountains

Blog

Generic placeholder image

台湾語

台湾語または台語、福佬語/河洛語 、台湾閩南語とは、台湾人口の74.5%以上を話者とする言語です。 台湾の客家人や台湾原住民ら他言語を話す台湾人の中にも理解し話せる人もいる。台湾語の母語話者は河洛と呼ばれる。 また、同じ台湾語でも場所により若干の発音や語の違いがある。

中国語と台湾語では会話が成立しないくらいの違いがあります。 民主化以降、政府や民間でも見直され、学校で台湾語の授業なども開催されていますが、実は台湾人が全員話せる訳ではなく、台湾南部を中心に家庭内で話されている傾向があります。 都心部だと、聞き取りだけできるという人も多くいる一方、郊外の高齢者になると台湾語しか話せないという場合もあります。 中国語では4種類の声調がありますが台湾語では8種類あります。

語尾がちょっと違うとかそんな小さな違いではなく、発音が(文法も)全く異なります。台湾語と中国語はそれぞれ親戚ではあるけれど、別言語と理解しておいた方がイメージ近いです。 より深く台湾の文化を理解したかったら台湾語という選択肢は面白いと思います。 また日本人で台湾語ができる人はかなり少ないので、台湾の友達や旅先で出会った人に披露するとすぐに打ち解けそうですね。

参考1 参考2


picture

Contact Us